横浜市 戸塚区・泉区・港南区・栄区の皆様へ24時間365日対応の訪問診療クリニックです

ファミリア在宅クリニックロゴ
  • 在宅医療
  • 内科・緩和ケア内科
  • 整形外科
  • 老年精神科

ファミリア在宅クリニック

外来診療は【予約制】となります

電話番号は045-870-3686

お知らせリスト当院からのお知らせ

2017-09-13
中高生が在宅医療現場を見学
横浜市内の中高生が、在宅医療現場の見学にいらっしゃいました。

実際に、在宅生活を送る患者さんの自宅に赴き、生活のご様子や、在宅医療の重要性・課題等を学ぶことを目的として、当院医師と一日同行をして頂きました。

中高生が大人になる2025年、日本は超高齢社会の真っただ中にあり、様々な課題が生じると共に、それを医療やテクノロジー等を通じて解決することが求められています。

当院では、未来の医療を担う子供達を応援する企画として、見学を積極的に受け入れていきます。
2017-08-01
医師増員・診療体制強化のお知らせ
新たに医師がチームに加わり、診療体制が強化されました。

当院では、在宅医療・家庭医療・整形外科・総合内科が、複数の専門領域を生かしながら、幅広い疾患に対応しております。
認知症・末期がん・難病・特殊手技等に対応するだけでなく、家族支援や介護へのアドバイス等も、専門的に対応致します。
2017-05-30
様々な専門医による在宅医療研究会をスタート
当院医師・連携医療機関医師による、在宅医療研究会がスタートしました。

循環器内科・整形外科・総合内科・在宅医療・形成外科・家庭医療など、多岐に渡る医師による、多角的視点を持ったディスカッションは、非常にパワフルであり、医療技術アップにとって最高の環境となります。

今後、毎月実施し、あらゆる疾患領域への対応力を高めて参ります。
2017-04-24
回復期リハ病院への「在宅医療出張セミナー」
近隣病院の職員様向けに、在宅医療セミナーを開催させて頂きました。回復期リハ病院であるため、医師看護師以外に、PTやOTの皆様にもご参加頂きました。
四肢麻痺やADL低下のケースを事例に挙げ、自宅でのリハビリの重要性をご案内させて頂きました。
病院・在宅が連携し、よりスムーズな在宅生活が送れるよう、情報発信を続けていきたいと思います!
2017-01-04
謹賀新年
新年あけましておめでとうございます。

当院は、1月4日(水)から、通常診療を開始しております。

今年も、地域の皆様が安心して日々をお過ごしになれるよう、
24時間対応型在宅クリニックとして、精一杯精進して参りたいと思います。

何卒、よろしくお願い申し上げます。
2016-12-12
年末年始休診のお知らせ
当院の年末年始休診は、12月30日(金)~1月3日(火)までの5日間とさせて頂きます。

尚、新規患者さんのお申込みや、現在診療中の患者様への緊急対応は、年末年始も休まず対応致しておりますので、ご連絡下さい。
2016-12-07
【 採用情報 】 医師募集のお知らせ ( 常勤 ・ 非常勤 )
この度、事業拡大に伴い、医師の募集を開始します。(常勤・非常勤)

在宅医療の経験者の方はもとより、これから在宅医療を学びたい、地域医療に貢献したい、緩和ケアや在宅手技などスキルを学びたい方など、幅広く募集致します。

当院では、非常に充実した就労サポート体制を整え、皆様をお待ちしております。

同行看護師による診療サポート、運転ドライバー、カルテ入力サポート、在宅医療専用クラウド型電子カルテ、毎日の合同カンファによる課題解決、年間休暇130日以上、学会費用補助、その他、非常に多岐に渡るサポート体制があります。
ママさんドクター等の支援も整えております。

詳しくは、下記リンクより【採用情報】ページをご覧ください。
2016-12-07
【 採用情報 】 看護師募集のお知らせ ( 常勤 )
この度、人材増員に伴い、看護師の募集を開始します。

当院が募集する看護師は、2職種に分かれます。


(1)在宅連携看護師( 訪問看護 ・ 診療同行看護 )

業務内容:
医師との同行による訪問診療サポート。在宅看護・家族看護の専門職者として、多職種とのスピーディーな情報連携や、患者家族への精神的な支援を行うだけでなく、看護・介護の目線を医師の治療方針に直接反映させる役割も担います。
医療依存度の高い方を中心に訪問看護も行います。



(2)後方統括看護師

業務内容:デスクワークを中心に、多職種への情報共有や解決策の提案、患者家族との相談業務等を行って頂きます。
在宅連携看護師が、多職種連携を支える「現場」のハブであるのに対して、後方統括看護師は、電話等でのあらゆる相談を繋ぐ「後方支援」のハブとしての役割を担います。

2016-11-22
民生委員さんとの連携勉強会
地域の民生委員さんやケアマネさんを対象とした地域医療勉強会の講師をさせて頂きました。

参加者からの皆様からは、「在宅医療の依頼方法を初めて知った」「地域には、引きこもりで何の医療も受けておらず、在宅医療に繋ぎたい人がたくさんいる。」等をご感想を頂き、潜在的な患者さんや、医療や社会制度から取り残された方々が数多くいらっしゃることを、再認識致しました。

少しでも多くの方に、自分らしい生き方や、健やかな日々を提供できるよう、在宅医療の普及に努めていきたいと思います。
2016-11-21
参加者101名!第2回明日に生きるアカデミー実施報告
第2回明日に生きるアカデミーを開催いたしました。

今回のテーマは、「やさしく分かる在宅緩和ケア」。

介護職が出来る除痛ケアや、死前教育の具体的手法をお伝えすると共に、使い方が難しいバッカル錠や舌下錠の服薬体験(プラセボ薬)、各種ポンプ機器の使用体験等を行い、緩和ケアを「体験する」ことをテーマとしました。

101名もの参加を頂き、満足度も97%と非常に良いご感想を頂くことが出来ました。
協賛協力頂いた、製薬医療機器メーカーの皆様、多職種の皆様、誠にありがとうございました。

今後もより良い在宅療養環境を整えるため、当院から出来る発信を続けていきたいと思います。
前のページ #   12