横浜市 戸塚区・泉区・港南区・栄区の皆様へ24時間365日対応の訪問診療クリニックです

ファミリア在宅クリニックロゴ
  • 在宅医療
  • 内科・緩和ケア内科
  • 整形外科
  • 老年精神科

ファミリア在宅クリニック

外来診療は【予約制】となります

電話番号は045-870-3686

お知らせリスト当院からのお知らせ

2017.11.28

オランダ発の在宅ケア“Buurtzorg”創設者セミナー報告

 オランダ発の在宅ケア、Buurtzorg(ビュートゾルフ)の創設者Jos de Blok(ヨス氏)の講演会に参加して参りました。
 
 ビュートゾルフは、その画期的なコンセプトや運営手法から、オランダの患者満足度1位を獲得し、世界中から注目を浴び、スウェーデン・アメリカをはじめ世界中で広がりを見せる組織です。
 かつてのオランダは、現在の日本が置かれている医療介護の現状と同じく、医療・ケア・予防が断片的で、コストが上昇し、医療介護者従事者が不足、より安いコストで出来る限り「量」を多くこなすことに主眼が置かれていました。また、提供したサービスの「質」は問われず成果(患者自立や生活の質向上)が測定されてこなかったという点も、現在の日本と似通った点が多い歴史があります。
 
 しかし、そこに疑問を抱いた数人の看護師がBuutzorgを設立し、それが今や、同じ悩みを抱える世界中の在宅ケアのお手本となる画期的なモデルへと成長しました。
 
 Buurtzorgは「看護師」が主体となり、医師やヘルパー、ボランティアまでを巻き込んだドライブをする点が特徴的で、この優れた組織を成長させるために、様々な経営的工夫がなされていました。

・チームに管理者は存在せず、全看護師がスペシャリストでありフラットな組織。
・ICT(インターネットを利用したコミュニケーション)による業務効率化。
・1営業所あたりの人数が少人数であり、組織やサービス品質を担保する。
・「過去の経験値」に頼らない、あらゆるケアへの「成果(患者自立・QOL改善)」を求めたチェック機能。大学など研究機関と連携した評価指標の開発。
・アセスメントやスキル開発を支援するリーダーや、教育プログラムの開発
・看護スタッフの行動変容を促す、コーチング・マネジメントの存在
 なぜ、Buurtzorgがここまで成長を遂げ、真に患者満足度が高い(成果が上がる)サービスが提供できたのか?

 そこには、現在の日本の在宅ケアが陥っている問題を解決する、画期的な取組みと、俯瞰的に現状を見る視点がありました。
 
 在宅ケアは「多職種連携(情報共有)」「ご家族への看護」「治療」「環境調整」等、様々なスキルが求められますが、それらを全て、たった一人の医師に責任を委ねることは、実行可能とは言え、質の向上には繋がりません。
 
 当院では、医師が質の高い診療に集中できるよう、経験豊かな看護師がサポートに付き、あらゆるケアに看護師の力を活かして、これらサービスをチームで展開しております。
 そのために必要な、教育プログラム(症例検討、診断術・薬学知識の習得、メンター制など)を仕組みとして導入しています。
 
 Buurtzorgに学び、「量」ではなく成果を見据えた「質」にこだわった医療を提供していきたいと考えています。